初期むし歯

初期虫歯

初期虫歯」(表層下脱灰)とは、歯に穴があいてはいないものの、歯の内部でカルシウムなどのミネラルが溶けて 軽石状になっている虫歯の初期段階です。 この段階で放置しておくと、さらにミネラルが溶け出し、 本格的なむし歯へと進行してしまいます。 初期むし歯の段階で、フッ素の使用など、口の中の環境をよくすると、 再びミネラルが沈着(再石灰化)し、改善されることが明らかになっています。

だ液には、酸を中和したり、再石灰化を促進したりする、という虫歯予防に重要な働きがあります。 だ液の量や働き、虫歯菌の数には患者さんそれぞれ個人差があります。 だ液の力の差、虫歯菌の数によって、同じ食生活の人でも、 虫歯になりにくい人と虫歯になりやすい人がいるわけです。

しかし、初期虫歯は歯科医師の視診だけでは診断しにくいのが現状です。 当院ではレーザー光による歯質の変化を測定しています。 これにより、わずかな歯質変化を発見できるため、最小限の侵襲により正確な診断が行えます。
このレーザーによる診断をすべて治療基準にしているわけではありません。 各個人のリスクを考慮したうえで、経過観察(再石灰化促進療法)、シーラント、 充填処置など選択するための一つであると考えております。

一度削って穴をあけたら二度と元に戻せません。 初期虫歯になった原因があるはずです。 まず、原因をみつけ、改善することが、初期虫歯の最善の治療法です。

いくら、丁寧な治療を受けても、保険外の高価な冠をかぶせても、虫歯になった原因を知らずに、 しかも放置したままなら、必ず再発します。 お心当たりのある方はたくさんいらっしゃると思います。 ぜひ、あなたの虫歯の原因をお調べください。

当院では簡単にリスクを検査することができます。

また、検査の結果、虫歯の原因菌(ミュータンス菌)が多いと診断された場合、 抗菌薬でミュータンス菌を除菌する治療(3DS)を受けられることをお勧めします。 この治療方法により、長期間虫歯を予防することが、可能となるでしょう。

是非検査だけでもお受けになってはいかがでしょう?

歯に関する情報 歯医者さんだけが知っている本当のお話 院内新聞 高崎歯医者住所

群馬県、高崎市、前橋市、富岡市、安中市、藤岡市、伊勢崎市、桐生市
などからも来院頂きありがとうございます。

カレンダー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7

はお休み
は午後休診
9/30~10/5まで休診

全国の口コミサイト
「デンターネット」にて

高崎市、第3位
を頂いております。