子供の歯並びが気になる方へ

たいてい一番最初に歯並びの異常に気付くのはお母さんです。

むし歯の治療は小さいうちに発見して治せば、簡単に治せますし、子供たちの負担も少ないです。しかし、大きくなって神経まで進んでしまうと、治療は回数もかかり、子供たちの負担も大きくなります。 なにより、予防してむし歯にしないことの方が大事なのではないでしょうか?

床矯正

実は歯並びも同じなのです。歯並びの異常に早く気付き、早く治療をすれば意外と簡単に治せるのです。 逆にそれを放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。 もんや歯科クリニックでは歯並びも予防的に治すことが最もよいと考えています。

1.床矯正を始めた理由

私が大学で学んだ矯正学はすべて永久歯に生え変わるのを待って、それから永久歯を抜いて固定式の装置で治療するというものでした。
私が歯医者になった頃は多少歯並びが悪くても「まだ乳歯ですから様子を見ましょう」と説明していました。 しかし、むし歯予防に通い続けてくれる子供たちをみていくと、ますます歯並びが悪くなっていくこが多かったのです。 せっかくむし歯を予防できたのに歯を抜いて矯正するということはとても悲しいことに思われてなりませんでした。

何もせずに、ただ悪くなっていく歯並びをただ見るだけで、むし歯予防だけでよいのだろうか?歯並びが悪くなるのも予防歯科ではないのだろうか? そう思い始めて、試行錯誤しながら床矯正にたどり着きました。

お母さんが「おかしい?」と思った時が治療開始のタイミングです。実際、もんや歯科クリニックでは永久歯の前歯が生えそろった7歳ぐらいから治療開始する子が一番多いです。 受け口やアゴがずれているなど顔の成長に大きな影響を与えるようなケースは4歳ぐらいから治療開始することもあります。

2.なぜ歯並びが悪くなったのでしょう

デコボコの歯並びの原因の多くは歯が生える場所が足りないことです。つまり、アゴの成長不足によるものがほとんどです。

歯並びはもちろん大切ですが、歯は並びよりも正しく使うことが大切です。正しく使えばアゴが正しく成長し、歯が並ぶ場所があれば歯はきれいに並びます。 そして一番大切なのは正しく咬むことで顔が正しく成長することなのです。

歯並び

もんや歯科クリニックでは成長期の子供の場合、永久歯は抜きません。抜歯すると萎縮した顔がもっと萎縮してしまうからです。 歯が並ぶのに必要なアゴの大きさに成長することの方が自然だと考えています。

3.悪習慣について

このような悪習慣は歯並びや顔の成長に悪影響を与えます。 しかし、指摘してもなかなか治らないものです。 強く言い過ぎるとかえってひどくなってしまうこともあります。 大切なのは自覚です。なぜその習慣が良くないのか、しっかり説明をして子供に自覚させることが大切です。 また、ポカンXやタッチステック、リットレメーターなどの器具を使うと効果的です。

4.矯正治療には2種類あります。

1.バイオセラピー(生物学的機能療法)

歯並びが悪くなった原因を解決すること、つまり食事の環境を改善すること、悪習慣を治すこと。そうすることで生体バランスを整え、自分で成長し治ることです。

2.メカニカルな治療

取り外しが出来る床装置
固定式装置(マルチブラケット)
矯正治療というと装置を使用したものだけを想像しますが、装置は補助的なものです。大切なのはバイオセラピーだと考えています。

顔の成長の8割が6才までに行われます。6才から10才ぐらいまでは減速し、10才から2回目の成長スパートが始まり、14才(女子)、17才(男子)ぐらいで成長は終わります。

その年齢の成長に追いつくことが治療だと考えています。
床矯正は患者さんが、いかにがんばって装置を入れてネジを巻くかで治療の進み具合が変ってきます。 しっかり、がんばれば早く治療が進みますし、あまりがんばらないとなかなか治療は進みません。まさに主役は患者さんです。 したがって、いつまでに治療が終わりますということは言えませんので目標を立ててがんばっています。

床矯正のメリット

床矯正のデメリット

なぜ、矯正治療が必要なのでしょうか?

歯並びが悪いと、歯が重なっている部分に汚れが溜まりやすく、歯を磨きにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。 見た目の印象も悪くなるため、コンプレックスを感じるお子さんも少なくありません。

また、食べ物をしっかり噛み砕かずに飲み込んでしまうことも多く、全身の健康にも影響を及ぼします。 このほかにも、お口の中を噛んだり口内炎ができやすくなったり、発音にも影響を与えるなど、歯並びが悪いために色々な問題が起きます。

子どものうちに矯正治療を行うメリット

歯やあごへの負担を減らすことができる

お子さんのあごの成長を利用するので、抜歯を必要としません。無理なくあごの骨を広げていきながら、歯の生える十分なスペースを確保し、骨格のズレや歪みなどの問題も解消できます。 大人になってからの矯正治療でも治療結果が良好となり、期間も短縮できます。

むし歯や歯周病になる要素を減らすことができる

歯並びを整えることで歯ブラシが均等にあたり、虫歯や歯周病などのリスクが軽減されます。噛み合わせも良くなりますので食べ物をしっかり噛めるようになり、胃腸への負担もなくなります。

口元のコンプレックスを解消できる

歯並びが美しくなると、見た目の問題が解消されて全体の印象が明るくなります。言葉が漏れなくなるので発音が明瞭になり、聞き取りやすくなります。 見た目や発音のコンプレックスが解消されるので、明るく前向きなお子さんに変わっていきます。

子供矯正
歯に関する情報 歯医者さんだけが知っている本当のお話 院内新聞 高崎歯医者住所

群馬県、高崎市、前橋市、富岡市、安中市、藤岡市、伊勢崎市、桐生市
などからも来院頂きありがとうございます。

カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

はお休み
は午後休診

全国の口コミサイト
「デンターネット」にて

高崎市、第3位
を頂いております。